難病でもできる仕事3選!難病の方にオススメの求人と探し方とは?

難病でもできるオススメの仕事3選

難病を抱えている方が就職を目指す場合、自分の難病に合った職場探しがとても重要です。

難病に合わない職場に就職してしまうと、「長期的に続けることができない」「難病の悪化」「精神的負担」など悪循環が生じてしまいます。

今回は、難病を抱えている方におすすめの職種と選び方を紹介します。

 

難病に向いている職業3選

フロントエンジニア

フロントエンジニア

フロントエンジニアとは、主にWebサービスやアプリケーションにおいて、ユーザーが直接触る部分を作るエンジニアのことを言います。

普段の日常で閲覧しているウェブサイトの作成やカスタマイズを行う仕事です。

 

専門的な知識が必要で難しそう・・・
大丈夫!フロントエンジニアは全くの未経験から始めることが出来る職種なの!
相談員

 

フロントエンジニアの仕事は専門的な知識が必要ではありますが、入社後に手厚い研修を行う企業がほとんどで、初心者でも気軽にスタートすることができます。

そのため、未経験でも就職しやすく最新の技術の習得にも繋がり、今人気の職種です。

フロントエンジニアはデスクワークのため、身体的に負担が少なく、周囲とのコミュニケーションも少なめであることから、リラックスしながら仕事を行うことができます。

また、自宅での作業も可能なため、体調の変動が激しい難病の方にはおすすめの職種と言えるでしょう。

 

コールセンター

コールセンター

求人数が圧倒的に多く、シフトの融通がききやすいコールセンターは、難病を抱えている方におすすめの職種です。

コールセンターは電話で相手の要望やどのような状況なのかを判断する必要があるため、自然とコミュニケーションスキルが上達し、社会復帰も一段とはやく進めることができます。

また、コールセンターは基本的にデスクワークのため、体力を浪費してしまい体調を崩してしまうようなことは起こりにくいです。

入社後は、数ヶ月にもわたる丁寧な研修を実施する会社が多く、未経験の方でも安心して始めることができます。

 

在宅派遣

在宅勤務

在宅派遣とは、オフィスに出勤することなく在宅で派遣社員として働く働き方のことを言います。

働く場所は問わないため、自宅だけではなく、カフェやワーキングスペースなど自分が仕事をしやすい場所で働くことができます。

勤務地は問わないため、やりたい仕事の幅が広がる、通勤時間がなくなり自由な時間が増えるなどメリットが大きいのが特徴です。

自分の住んでいる地域にやりたい仕事がない、スキルを活かしたいが通勤することができないなどのお困りごとが解決され、キャリアアップにも繋がります。

 

仕事を選ぶポイント

休憩がとりやすいか

体調の変動が激しい難病の方はいつ体調を崩すかわかりません。

無理をして仕事することでますます悪化する恐れもありますので、休憩がとりやすい会社かどうかは重要な判断材料となります。

 

難病に対しての配慮がある会社なのか

働きながら通院や治療に専念するため、比較的休みをとりやすい会社をおすすめします。

そのためには難病に対して配慮してもらえる会社である必要があります。

会社だけではなく、周りで働く人からの理解も必要となります。

社内で良好な人間関係を築き、働きやすい環境にするためには、一緒に働く人、一人ひとりが難病に対し理解を示し考慮してもらう必要があります。

 

求人はどこで探すのがベストなのか

どこで探せば良いのか?

では、難病を抱えている人はどこで求人を探すのが良いのでしょうか。

おすすめは、就労移行支援の利用です。

 

就労移行支援ってなに・・・?
就労移行支援は、難病や障がいを抱えている方の就職活動のサポートをしてくれるサービスで、自分に合った求人の紹介から面接対策まで一貫して行ってくれるの!
相談員

 

就労移行支援では求人の紹介や面接対策のほか、社内見学やPC訓練など社会復帰に向けた専門的なカリキュラムも行っており、

難病や障がいの方が就職するにあたって利用して間違いなしのサービスです。

働く上で社内の雰囲気や難病に対しての理解がある会社かどうかは、とても重要です。

社内見学や人事の方との面談は必要不可欠と言えるでしょう。

自分で求人を探すだけではそこまで出来ませんが、就労移行支援を利用することで自分に合った最適な職場を見つけることが出来ます。

 

就労移行支援のメリット

  • 社会復帰に向けて、体調のコントロールに対してサポートしてもらえる
  • 面接対策をしてくれる
  • 面接に同行してくれる
  • 企業見学ができる
  • 自分の難病や障害に理解のある会社を紹介してくれる

障害者手帳を持っていなくても利用できるの?
就労移行支援は障害者手帳の有無に関わらず、医師の診断や自治体の判断により利用することが出来ます。
利用料金はかかるの?
利用者の9割は無料で利用しています。
※前年度所得により一部費用がかかる場合がありますので、もし詳しいことを確認したい場合は各就労移行支援へお問い合わせください。
利用期間は?
利用期間は最長でも原則2年間と定められてます。

 

就労移行支援は「atGPジョブトレ」「ココルポート」がおすすめ

全国に3,500以上ある就労移行支援の中から自分に合う施設を探すのは大変です。

そこで難病の方におすすめの就労移行支援施設2つを紹介します。

 

atGPジョブトレ 難病コース

業界唯一の難病に特化した就労移行支援!

難病者向き 
就職率 
就職定着率 
プログラムの充実 

ジョブトレ難病コース

パソコンスキル事業所数
求人数面接同行
カウンセリング職業体験

atGPジョブトレは業界で唯一の難病に特化した就労移行支援です。

 

症状理解や服薬管理ストレスマネジメントの他に、事務職で活躍できるスキルが身につきます。

 

紹介求人は難病に理解のある企業を厳選して紹介してくれるため、定着率は90%以上の実績を誇っています。

atGPジョブトレ公式HPへ

atGPジョブトレを詳しく知る!

難病を抱えている方なら絶対利用したい就労移行支援ですね!

しかし、事業所が東京の御茶ノ水しかありません。通えない方はこれから紹介する就労移行支援を利用しましょう!

 

ココルポート

交通費・昼食を支給!500種類以上のプログラムが用意されている!

難病者向き 
就職率 
就職定着率 
プログラムの充実 

ココルポート

パソコンスキル事業所数
求人数面接同行
カウンセリング丸職業体験丸

個別支援を徹底的にこだわっているココルポートは、就職者数1874名、定着率89.7%と実績が右肩上がり中の就労移行支援です。

 

交通費の支給、昼食の支給と利用者に嬉しいサービスが豊富に用意されています。

 

プログラムは500種類以上用意されており、就労へ向けたスキルアップとセルフケアをしっかりと整えることが可能です。

 

ココルポート公式HPへ

ココルポートを詳しく知る!

昼食・交通費支給なら自己負担なしでサポート受けられますね!

個別指導にこだわっている為、自分に無理のないカリキュラムが選択できるのも嬉しいです。

 

まずは見学をしましょう!

自分に合った就労移行支援は見つかりましたか?

各事業所によって雰囲気やカリキュラムは異なるため、まずは見学をしてから利用することをおすすめします。

どの事業所も通年見学を受け付けており、無料で参加できます。

ぜひ、この機会に就労移行支援の見学を申し込みましょう!

atGPジョブトレで見学申し込みをする!

ココルポートで見学申し込みをする!

 

-コラム

© 2021 難病ワーク Powered by AFFINGER5