難病でも働く方法とは?90%の人が就職できた方法を解説!

コラムアイキャッチ

難病だと就職はできない?

「難病があると就職は難しい」、

「就職しても長く続ける自信がない」、

「難病に理解のある職場が見つからない」、

など難病を抱えている人は就職に向けての悩み事は尽きません。

実際、就職できたとしても難病の悪化で自主退職を余儀なくされる人が68.5%存在し、長期で働くには難しいのが実態です。

今回は難病の方が自分に合った環境で安定して長く働き続けるための方法について解説します。

 

おすすめは就労移行支援の利用!

難病を抱えている方の就職活動におすすめの方法は、「就労移行支援サービス」の利用です!

就労移行支援とは?

 

就労移行支援って何ですか?
就労移行支援は、難病や障がいを抱えている方へ就職活動のサポートをしてくれるサービスで、自分に合った求人の紹介から面接対策まで一貫して行ってくれるの!
相談員

 

就労移行支援は、一般企業への就職に向けての全面的なサポートを行うサービスを提供しており、

障害者総合支援法に定められた「障害福祉サービス」のひとつです。

年々利用者数は増えており、現在は35,000人を超え一般的に広く利用されているんです!

 

<就労移行支援でできること>

  1. 生活改善、メンタルケアの全面的サポート
  2. ビジネスマナーやスキルアップの講習
  3. 自分に合った求人の紹介
  4. 履歴書の添削、面接の練習、面接の同行
  5. 就職後の定着支援

就労移行支援の対象は以下の条件に当てはまる方です。

  • 一般就労したいと考えている方
  • 18歳以上、65歳未満の方
  • 障害者総合支援法の対象疾病となっている難病等のある方
  • 精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がいなどの障がいのある方

 

障害者手帳を持っていなくても利用できるの?
就労移行支援は障害者手帳の有無に関わらず、医師の診断や自治体の判断により利用することができるんですよ!
相談員

 

一般的に就労移行支援は障害者手帳を持つ障害者向けの施設と思われがちですが、

実際は障害者手帳を持っていない難病の方でも利用することができます。

 

また、最近は難病専門の就労移行支援施設も増えており、難病患者向けの就職サポートが充実してきています。

 

難病の方におすすめの就労移行支援2社

<atGPジョブトレ>

ジョブトレ難病コース

ココがポイント!

難病者に特化した就職支援施設!

就職者数90%以上!

履歴書の添削、面接対策、面接同行まで!

PCプログラムが充実!

atGPジョブトレ公式HPへ

 

<ココルポート>

ココルポート

ココがポイント!

昼食、交通費支給!

500種類以上のプログラムを用意!

自分の体力に合わせて自由に通所が可能!

ココルポート公式HPへ

 

就労移行支援の利用期間

利用期間は最長でも原則2年間と定められてます。

就労移行支援の期間

※株式会社ハートスイッチHPより

最長利用期間の2年を過ぎた場合でも、市町村と事業所の判断により延長が可能な場合がありますが、必ずしも延長できるというわけではないので、注意が必要です。

しかし、期間が定められていることにより、利用者、事業所双方が、就職に向けて計画的にプランを立て目標に向かうことができるため、「いつまでも就職ができない・・・」といったことを避けることができます。

 

就労移行支援の料金体制

サポートしてもらうのは嬉しいけどお金がないよ。。。
大丈夫!就労移行支援を利用している人の9割は自己負担なしで利用しているの!
相談員
えっ!無料なの!?だったら利用しない手はないよ!!

 

9割が無料で利用

約90%の利用者が無料でサービスを利用しています。
※前年度所得により一部費用がかかる場合がありますので、もし詳しいことを確認したい場合は各事業所へお問い合わせください。

 

就労移行支援はどこがいいの?

就労移行はどこがいいの?

就労移行支援は全国に3,500ヶ所以上あり、自分に合った所を探すのは大変です。

では、どこがいいのでしょうか?

就労移行支援施設を選ぶポイントは下記3つです。

  1. 通いやすさ
  2. 就職、定着率の実績
  3. プログラムの充実さ

上記ポイントを抑えたおすすめの就労移行をご紹介いたします!

 

atGPジョブトレ 難病コース

業界唯一の難病に特化した就労移行支援!

難病者向き 
就職率 
就職定着率 
プログラムの充実 

ジョブトレ難病コース

パソコンスキル事業所数
求人数面接同行
カウンセリング職業体験

atGPジョブトレは業界で唯一の難病に特化した就労移行支援です。

 

症状理解や服薬管理ストレスマネジメントの他に、事務職で活躍できるスキルが身につきます。

 

紹介求人は難病に理解のある企業を厳選して紹介してくれるため、定着率は90%以上の実績を誇っています。

atGPジョブトレ公式HPへ

atGPジョブトレを詳しく知る!

難病を抱えている方なら絶対利用したい就労移行支援ですね!
しかし、事業所が東京の御茶ノ水しかありません。通えない方はこれから紹介する就労移行支援を利用しましょう!

 

ココルポート

交通費・昼食を支給!500種類以上のプログラムが用意されている!

難病者向き 
就職率 
就職定着率 
プログラムの充実 

ココルポート

パソコンスキル事業所数
求人数面接同行
カウンセリング丸職業体験丸

個別支援を徹底的にこだわっているココルポートは、就職者数1874名、定着率89.7%と実績が右肩上がり中の就労移行支援です。

 

交通費の支給、昼食の支給と利用者に嬉しいサービスが豊富に用意されています。

 

プログラムは500種類以上用意されており、就労へ向けたスキルアップとセルフケアをしっかりと整えることが可能です。

 

ココルポート公式HPへ

ココルポートを詳しく知る!

昼食・交通費支給なら自己負担なしでサポート受けられますね!
個別指導にこだわっている為、自分に無理のないカリキュラムが選択できるのも嬉しいです。

大手就労移行支援の比較

就職者率事業所数難病特化型就職定着率プログラムの充実
atGPジョブトレ
atGPジョブトレ公式
90%1ヶ所難病に特化91%非常に充実
ココルポートココルポート公式1874名/年56ヶ所89.7%非常に充実
LITALICOワークス公式1302名/年90ヶ所90%充実
ミラトレミラトレ公式98%13ヶ所
80%以上充実

 

就労移行支援利用者の声

自分の条件に合う就職先が見つかる

40代男性

私はパーキンソン病を患っています。薬の副作用や薬の効きが悪い日を考慮してくれる会社を探していましたがなかなか見つからず、就労移行支援を利用いたしました。求人の紹介では自分の条件にあてはまる会社を紹介していただき、さらには社内見学で人事の方とお話しすることができ、安心な気持ちで無事就職できました。(atGPジョブトレを利用)

 

難病持ちの就活は不安でいっぱいでした

20代女性

難病を抱えながらの就活は、自分の症状の説明や難病者に理解のある会社探しなど想像以上に大変でした。そんな時、就労移行支援を教えていただきました。

利用した感想としては、もっと早く利用しておけば良かったです。履歴書の添削や面接の同行まで行ってくれるので、うまく自分の症状について説明出来なくても、ちゃんとフォローしてくれます。きっと難病を抱えている方の就活は大変だと思います。ぜひ就労移行支援を利用していただきたいです。(ココルポートを利用)

 

社会復帰のプログラムが助かりました

30代男性

私はしばらく就職をしていなかったせいか、生活リズムが悪くなってしまい、PCスキルも疎かになっていました。しかし、就労移行支援では生活リズムの構築プログラムやPCスキル講習があり、就職するにあたって不安だった事を徐々に改善することが出来ました。(LITALICOを利用)

 

まずは見学をしましょう!

見学

自分に合った就労移行支援は見つかりましたか?

各事業所によって雰囲気やカリキュラムは異なるため、まずは見学をしてから利用することをおすすめします。

 

どの事業所も通年見学を受け付けており、無料で参加できます。

ぜひ、この機会に就労移行支援の見学を申し込みましょう!

 

atGPジョブトレで見学申し込みをする!

ココルポートで見学申し込みをする!

 

-コラム

© 2021 難病ワーク Powered by AFFINGER5